筋肉の収縮を抑えて小顔効果が期待できる美容整形です

サイトメニュー

注射をするときの基礎知識

女性

顔の筋肉を縮小させ小顔にしたい場合

女性の場合、顔が小さい方が得との考え方が浸透しています。なぜかといえば、美人ほど顔が小さいのが一般的とされているからです。もちろん必ずしもそのようなことはありませんが、多くの人は誰かが勝手に作った常識のような話に縛られていてエラをなくし顔を小さくしたいと考えるようになるでしょう。中には、顔が小さくないことにコンプレックスを感じ堂々と生きることができない人もいます。もし、そこまで考えてしまうようならばボトックス注射をしてエラを小さくする方法を考えた方がよいでしょう。では、ボトックス注射の特徴はなんでしょうか。一番の特徴は、筋肉をまひさせることができる点です。注射の中で、筋肉をまひさせるものはあまりありませんが、この注射はアメリカなどでも本格的に利用されているだけでなく近年は日本でもずいぶんと利用されるようになりました。つまり、症例が多く副作用などが少ないことが特徴といえます。少なくとも、安全性に関しては何ら問題ありません。美容整形の技術が高いアメリカの会社が製造したものが利用されることが多いですので、安心といえるでしょう。
ボトックス注射は、筋肉の働きをまひさせるものですので、いくらエラが張っていたとしてもそれが筋肉によるものでなければ意味がありません。そこで、事前に筋肉によりエラが張られているかどうかを確認していくのがポイントになります。どのように確認するかといえば、レントゲン写真を撮影するとおおよそわかりますが、医者によっては触っただけで筋肉が発達しているかどうかを判断することも可能です。この場合には、効果のある症例として認められておりボトックス注射を打っても特に問題ありません。ですが中には、筋肉が発達したのではなく単に骨が大きく出ていてそれにより顔が大きく見えることも考えられます。このような場合には、あまりボトックス注射を打っても意味がないでしょう。もちろん筋肉に対しての働き掛けはありますが、だからと言って患者が望んでいるような結果になるわけではありません。この場合には、あまり効果が期待できませんのでエラ削りなどをした方がよいです。ちなみに、骨が出っ張っていることによりエラを削らなければいけないパターンはおよそ1割程度といわれています。

Copyright© 2019 筋肉の収縮を抑えて小顔効果が期待できる美容整形です All Rights Reserved.