筋肉の収縮を抑えて小顔効果が期待できる美容整形です

サイトメニュー

違いが出るまでの期間

注射器

徐々に顔のラインが変わる

メスを使わずに注射器1本で小顔を作るボトックス注射は、リスクが少ない小顔整形として人気を集めています。筋肉の動きを弱める作用のある薬剤をエラ部分にある、咬筋という筋肉部分に注入するという施術を行います。エラが張って顔が大きく見えている人の場合、咬筋が過剰に発達していることが多いので、ボトックス注射で咬筋の動きを抑制し、筋肉自体を小さくするという仕組みです。ただ、すぐに筋肉が小さくなるということはなく、少しずつフェイスラインや筋肉に変化を感じるのが一般的です。ボトックス注射を受けてから約3日から1週間程度すると、エラ部分の筋肉が動きにくく感じ始めます。その後3週間から4週間程度、あまり咬筋を使わないように気を付けていれば、少しずつ筋肉が痩せてきてフェイスラインに変化を感じ始めるでしょう。個人差はあるものの施術を受けてから約3ヶ月から、4ヶ月ほどすると1番フェイスラインがスッキリするようです。もし結婚式など特別なイベントに合わせてボトックス注射を受けるなら、そのイベントの約3ヶ月から4ヶ月前に施術を受けると良いでしょう。
筋肉に直接アプローチしエラ張りを解消し、フェイスラインをスッキリさせる「ボトックス注射」は、メスを使わないプチ整形の1つです。顔にメスを入れないということもあり、メスを使う美容整形と比べると費用はかなりリーズナブルとなっています。メスを使う本格的な美容整形でエラ張りを解消する場合、費用の相場は100万円以上とかなり高額です。一方、ボトックス注射でエラ張りを目立たなくする場合にかかる費用は、1回につき5万円から10万円程度です。メスを使う美容整形の約10分の1の価格で施術を受けられるボトックス注射は、チャレンジしやすい小顔整形と言えるでしょう。元々、費用の相場がリーズナブルなプチ整形ですが、さらにお得になるモニター制度やキャンペーン・会員制度を利用するのがおすすめです。モニター制度とは施術を受ける前と、受けた後の写真や動画を撮影したり体験談などをクリニックに提出したりすることで、費用が安くなる制度です。クリニックによっては期間限定で安くなるキャンペーンを行っていたり、会員になると誕生日などにクーポンが発行され、値引きされたりすることもあります。上手くモニター制度やキャンペーン、会員制度を活用してお得にボトックス注射を受けてみてはいかがでしょう。

Copyright© 2019 筋肉の収縮を抑えて小顔効果が期待できる美容整形です All Rights Reserved.